忍者ブログ

「ざくアクお絵描き杯」受賞者発表第二回!日記

はむすたブースにて、
「ざくアクファンブック(設定資料集+)」をダウンロード販売しております。
もし宜しければサンプルだけでも見てやってくださいまし……!


☆リンク先:グッズ販売場所、はむすたのBOOTHに飛びます。
https://hamusutagame.booth.pm/


そして、買ってくれた全ての方にありがとうございました!!


*以下、日記本文になります*





お絵描き杯、受賞者発表第二回!
今回は「ざくアク大賞」を含めて、残りの全てが紹介されますよ!
早速ですが、賞の内訳はこのような感じになっております。


ざくアク優秀賞:33名[amazonギフト券2000円]
mozell賞:4名[amazonギフト券3000円]
はむすた特別賞:2名[amazonギフト券3000円]
ざくアク大賞:1名[豪華景品(エプロン)+amazonギフト券5000円]


第二回目は、ざくアク優秀賞17名+mozell賞2名+はむすた特別賞1名+ざくアク大賞1名を発表致します(追記:無理でした、更新エラーが出たのでmozell賞以下は次回に回してます)
やー、もの凄い長さになりました……!
この後、ハグレ王国のみんなが順番に発表してくれますので、お楽しみに!


ギフト券ですが、上から順に受賞者にメールで発行していく予定です。
前回の受賞者様には、全員送付済みですので、メールの方をご確認くださいまし。
また、届いていないぞという場合は、はむすたにご連絡ください。


あ、今回、私のクレジットカードの更新時期と重なってしまいまして、
今、カードがこちらに送られてきている最中なので、
念の為、新しいカードを受け取ってから、ギフト券を発行しようと考えております。
なので、少し遅れてしまうのですが、必ず発行いたしますので、
その経過は、はむすたのツイッターなどをご覧頂ければ、と思います……!


最後に、忍者ブログの仕様上2MB以上の画像は載せられないので、
全てのイラストは、2MB以下になるように、こちらでサイズ調整しております。
高画質版を見る為にも、是非ファンブックを買ってやって欲しいのです……!
そして、買ってくれた方全てに、ありがとう!!


では、後は、ハグレ王国の皆さんにお任せしましょう……!
どうやら今は、ハグレ大祭りの真っ最中みたいですよ……!?

 


*****

 

パン――


ポン――

 
[射的屋イリスの新景品!ハグレ王国フィギュア!]作:Blary様


マオ:う、うーん、今日はいつにも増して弾が当たらんのう……。
マリオン:マオ、ここは我慢だ。見ろ、レゴブロックのような楽しそうな人形達の姿を。あれを倒せばあのワクワクが手に入るのだぞ?
マオ:それは分かっておる。めちゃくちゃに惹かれる景品だからこそ、わしらの財布の紐も緩くなっているというわけよ。
マリオン:しかも、マリオンとマオは隣同士だ!あの辺りを狙っていればいつか当たるぞ!
マオ:しかし、途端に豪華になった射的屋の景品に、当たらない弾丸……これは何か奸計の匂いがするのう……。
マリオン:どういうことだ、マオ?
マオ:つまりじゃな……ひょっとすると……これは、悪魔の罠だったのかもしれんということじゃよ……。
マリオン:な、なに、店主のイリスが罠を仕掛けているのか……!?い、いや、マオ、幾ら主人が悪魔だといっても証拠もないのに疑うのはよくないぞ?
マオ:じゃが、銃に細工するくらいのこと、あやつならやりかねん……。
マリオン:くっ……言われてみれば弾道がブレブレ……つまり、そういうことなのか!?
マオ:そうじゃ!ここはまず、店主を問い詰めるのが先じゃ!おい、イリス!いつもより狙いがつかない理由を説明してもらおうか?!
イリス:そりゃ、そうダロ……。
マオ:ほう、認めるか!?
イリス:当たらない理由は、ユー達自身にありマース。ルックアットフィート。
マオ:るっかっと?
マリオン:キッカット?
イリス:足下を見ろって言ってんダヨ……!



 


[マオマリ]作:ニバンス様


マリオン:わっ、ちょっと待ってマオ!急に動くな!
マオ:わあっ!?お主の方が背が高いんじゃぞ!?わしをちゃんと支えてくれ!
イリス:つまり、銃口がぶれてるのは、ユー達自身がぶれているからで――。
二人:わああっ!?


ドガラガッシャーン!!


イリス:オゥ……可愛いが過ぎるデース……同じ超強敵枠だとは思われたくないデース。
マリオン:か、可愛いじゃないぞ!マリオン達はカッコイイだ!
マオ:そ、そうじゃ!気合いを入れておめかししたんじゃぞ!?わああっ、待て待て!ブーツが脱げかかっておる!今、立ち上がると、わああっ!?
イリス:……まず、互いの手を離すべきデース……。
二人:ありがたいっ!!
イリス:はぁ……。
マリオン:ふぅ、なんとか立ち上がれたぞ……的確なアドバイスありがとう。それと、疑ってすまなかったな。
イリス:……よく、そんな、生まれたての子鹿みたいな脚で、ここまで歩いてこれたデスね?
マリオン:千里の道も一歩から。二人で支え合えば、苦も困難も無い。
マオ:子鹿ではない、カモシカだ!!
イリス:意見を一致させろ。とにかくユー達のせいで、私まで軽く見られているタイドがある。
マオ:タイド?
マリオン:風潮だぞ、マオ。
マオ:歩く電子辞書!
イリス:超強敵は本来、カリスマ的なポジションに君臨していなければいけないのデス、この次のイラストで、私とユー達との格の違いと言うのを教えてやるデース!
マリオン:むっ??




 

 
[手繰る魂のイリス]作:そごう様


イリス:どうデス、この圧倒的なフォース!!
マオ:おおおおっ!?
マリオン:か、かっこいい!!
イリス:これぐらいのカリスマは当然。これが超強敵本来のポジションなのデース!
マリオン:な、なるほど、キャラの周りの空間を広くとることで、中央に立つ小さなキャラから、むしろ圧倒的な風格を感じさせているのか……!
マオ:何処までも広がる無限宇宙のようじゃ……!スペースの広さがそのまま強さに直結しているようじゃ!
マリオン:手前に立つ大きなキャラ達が、たじたじに見えるな!?
イリス:ユー、分かってきたじゃないか……これからは、超強敵枠だとなれなれしくせず、私を敬うことダナ。
マオ:そうか、そうだったのか……だとすると、この写真は、ただのそっくりさんじゃったんじゃな。
イリス:アン?
マリオン:うむ、先程こドラに貰ったが、この写真は可愛いに過ぎる。こんなにカリスマが無い冥界姫がいるはずもない。
マオ:おう、明らかにはしゃぎ過ぎじゃものな。
イリス:お、おう、ジャスタモーメン。そのピクチャー見せてみろ?
マオ:いや、偽物じゃぞ?
イリス:いいからっ……!!






[ペンギントリオ+1]作:cello様


マオ:何でも仮装大会優勝時のピクチャーとかで……。
イリス:!!!?
マリオン:ペンギンスーツを着て、優勝の喜びに飛び跳ねていたとかいってたな。
イリス:ハ、ハハハ、面白いピクチャーデスね……!
マオ:ノリノリのギザ歯笑顔のイリスとか最高に可愛いじゃろ……!?これが偽物とは残念じゃなぁ……。
マリオン:線も色も柔らかくて大変に素晴しいよな?薄い色だけでこれだけの可愛さが出せるとは、全く恐れ入るぞ。
マオ:下二人のくっついているほっぺとかも大変に可愛いんじゃがのう……しかし、そうか、そっくりさんか……。
マリオン:そうだぞ、はしゃぎすぎだ。さすがにカッコイイのイメージが崩れる。
イリス:ど、どこのそっくりさんデスかねー?
マオ:じゃあ、これはこたつドラゴンに、そっくりさんでしたと教えて、返してやらねばな……。
イリス:ジャ、ジャスタモーメント!ジャスタモーメント!
マオ:なんじゃ?
マリオン:急に焦りだしたな。
イリス:しかし、にせものにしては良い出来デース!私がそのピクチャー買い取ってあげましょー!
マリオン:いや、いいぞ、そんなに気を遣わなくても……。
マオ:あ、これ、もしかして本物――
イリス:射的屋イリス、今日だけ終日プレイ半額!!
マオ:なにっ!?
マリオン:いいのかっ!?
イリス:さあ銃を構えろ!!ユー達の夕飯はドン勝つだ!!

 

 

 


*****

ざわざわ――!


ハオ:人がいっぱいハオ~!
ティーティー:ここはバーベキュー会場じゃな。一番の賑わいかもしれんのう。おっとっと……ハオ、この人混みじゃ。わしの扱いには気をつけい。
ハオ:はいハオ!バランス重視で!






[sugoiebi]作:88様


ブリギット:よー!ハオ!ティーティー様!
ハオ:あっ、ブリちんだ!ハオハオ!見返り美人!
ブリギット:へっへ、よせよ。オレはどんな角度だって可愛いぜ?
ティーティー:いや、今日は世辞じゃなくて、一段と美人さんに見えるぞ?そのエプロンも似合っておるのう。
ブリギット:そうか?まあ、青空の下でオレ様の可愛さにもブーストがかかってるのかもな。
ハオ:スゴイエビ!!
ブリギット:ははっ、やっぱりハオは色気より食い気だな!凄いだろう?射的屋で当てたんだぜ?
ティーティー:射的屋で?射的屋イリスか?
ブリギット:そうさ。今日は何でか知らねーが、プレイ半額で景品大放出中なんだよな。
ティーティー:射的屋の景品にロブスターなんてのもあるのか?
ブリギット:おう、正確にはマグマロブスターだったかな?これ、焼いてないのにこの色なんだぜ?
ハオ:おいしそう!じゅるり!
ブリギット:別に食べていってもいいぜ?料金さえ払ってくれればだけどな。
ティーティー:ははっ、わしらとてタダ飯では気を遣うよ。ハオも止まらないようだし、席に着かせてもらおうかな。
ブリギット:おう、正面のテーブルだ。
ティーティー:ふぅ……やぁ、カンカン照りの太陽の下で、このメンバーが揃うと、あの日の夏の冒険を思い出してしまうな。
ハオ:ハオ、海大好き!また行こ!?
ブリギット:はっは、だったら丁度良いイラストが来てるぜ?ロブスターが焼けるまで見てろよ。








[ペコちゃんと冒険]作:りんご様


ハオ:わぁ……!キレイ~~!!とってもカラフルハオ!
ブリギット:すげえ、立体感だろ?感心するぜ。
ハオ:うん、地面がミルフィーユみたいで、すっごく美味しそう!
ブリギット:さ、さすがに、その感想は予想外だったかなぁ……。
ティーティー:うむ、これはまた実に秀逸なイラストじゃな……しかし、ハオの感想も分かる気がする。ミルフィーユのように重なる地層の上に、暖色系の色が乗っていてケーキみたいに見えるんじゃな。
ブリギット:本当か?オレはペコロドンの迫力にばっかり目を奪われていたな。
こドラ:これ、絵の奥行きが凄いんだよね~。
ブリギット:おいおい、いたのかよ?突然だな。
こドラ:地竜ちゃんも連れてきたよ!お腹が空いてたみたいだったから!
地竜ちゃん:ぐごーご♪
ブリギット:こりゃあ、いよいよあの日のメンバーが揃ってしまったな!大冒険が始まるぞ?
ティーティー:よせよせ、お主等を引率するのはもう懲り懲りじゃよ……!
ブリギット:カップに引きこもるには、まだ早いんじゃないですかい?ご隠居。
ハオ:そういえば柚葉ちゃんはどこー?
ティーティー:ハオ、はしたないから、箸で食器を叩くのは止めなさい。
ハオ:はぁーい……。
ブリギット:柚葉は、なんか大物を取りに行くっていってたな……明日の為にどうたらって……。
ティーティー:大物?
地竜ちゃん:ぐごーご!
ブリギット:おっと、催促されちまった。大人しくテーブルで待ってろよ、チビ公?もうすぐ出来るからな!
地竜ちゃん:もっけー♪
ティーティー:ふぅ……しかし……まぁ……。


ティーティー:また、夏が始まるんじゃなぁ…………。

 

 

 


******

ででんでんででん♪(ターミネーター)


どうも、かなづち大明神です!
始まったんだよなぁ……夏!夏と言えば水着なんだよなぁ……!
じゃあ、早速紹介していきましょうか?
お祭りの流れ?関係ねえや!
流れがなかったら作ればいいんですよ!そう!ウォータースライダーのように!
水着を紹介しないで夏が始まるかってんだ!






[テュポンコード]作:あとら様


夏と言えばやっぱりこの人!
我らがエステルさんです!
いやぁ、すごい!凄い躍動感!きっとぷるんぷるん揺れてる!
私も、このテュポンコードには、この夏、何度も焼かれてしまいましたが、
そのたびにぷるんぷるん揺れていたので、全てが許せました。
揺らぎって……人を優しい気持ちにさせてくれますね……パイラブユー……。
え?何で焼かれていたのかって?
それ、言う必要あります??
このイラストは、セクシーなのもいいですけど、エステルさんのドヤ顔に
勝ち気な彼女の性格が良く表れていて、そこも素敵ポイントですね……!


さ、続いてこちらです!






[夏だよ!!]作:たがや様


またか!って思ったでしょ!?
正直に言ってごらんなさい。思ったでしょ!?
はい、そうです!ごめんなさい、またローズマリーさんです!
でもさぁ……凄いんだよ、この慈悲深い表情!
女神かよ!常にデーリッチを気にして見守っているんですよ!
こちとら、あなたのボディが気になって、そこしか入ってこないっていうのに!
……それは置いておいても、デーリッチの太陽に照らされた満面の笑顔と、
麦わら帽子の影の下で、静かに微笑むローズマリーさんという対比も、面白い構図になってるんですよね。
あら、口元とかもセクシーでいいですわねぇ……。


まあね、色々意見もあると思うんですよ。
でも、やっぱり、最終的にはローズマリーさんに帰ってくるんです。
水着イベントってそうなんです。
ローズマリーさんに始まり、ローズマリーさんで終わる……これが夏の様式美なんだよなぁ。
大切にしたい、様式美。
無かったら今日から作りたい、伝統。
十年後には伝統美。百年後には伝統芸。そのうち国から補助金が出る分野になる。


そんなわけで、水着イラスト紹介は今日で終わりになります。
お疲れ様でした。
また、夏の燦めきの下で良いご縁がありましたら、
こうやって、みんなで水着イラストを鑑賞できるといいですね……。


さ、お祭りはまだまだ続きますので、皆さんは太陽の下に戻ってください。
私は……この通り…………両手が塞がっていましてね……。


ハグレ警察:キビキビ歩け!!


はいっ……。

 

 


*****






[れぷとすおねえちゃんママ]作:ハイギョ様


ニワカマッスル:(やっぱ、レプトスさんはかっけえなぁ……!)


ハピコ:おーい、マッスル~?なにしてんだ?鼻の穴膨らんでんぞ?
マッスル:しーっ……演舞中だぞ、静かにしろっ……!
ハピコ:ほー、すげえな。空気が揺れてら。
マッスル:力の入りと抜きが分かってんだな……所作の一つ一つに隙が無く、そして美しいぜ……!
ハピコ:ははーん、どうやら、えろいこと考えてんなー?
マッスル:考えてねえよ!どうやらって何だよ!?
ハピコ:声。
マッスル:ぐっ…………。
ハピコ:しかし、あんな足場の上でよくやるねぇ……龍宮振蹴拳だっけか?
マッスル:水と一体になって踊っているみたいだよなぁ……会場の奴らも声を忘れて息を呑むばかりだぜ。
ハピコ:足技主体なのに、指の先にまで意識がピンと張ってら。
マッスル:おう、蹴りは脚だけじゃなくて、全身で蹴るのがコツなんだってよ……。
ハピコ:私の蹴り技とどっこいどっこいか……。
マッスル:いや、あっちの方がつええよ!?
ハピコ:声。
マッスル:…………お、お前なぁ……!
ハピコ:まあ、口が寂しいなら物でも詰めてろよ。たこ焼き買ってきたんだ。ほれ。
マッスル:頼んでねえよ……幾らだ?
ハピコ:400G。
マッスル:……噴水近くのたこ焼き屋で250Gで売ってなかったか?
ハピコ:そうかい?じゃあ、私が買ったところが少し高かったか、もしくは物価の上昇が激しいんだな。
マッスル:よく言う。ほれ。
ハピコ:おい、250Gじゃねえか……。
マッスル:ったく……あんな事件があった後だし、少しはしおらしくなるかと思ってたのによ。
ハピコ:ああん?なんだそれ?



[無題]作:あめちゃん様


マッスル:忘れるわけねえだろうが。イラストまできてんだぜ?
ハピコ:へぇ、すげぇ描き込みだな……あれ?でも、待てよ?ファンブックで紹介している話のイラストが、なんでファンブックに収録されているんだ?
マッスル:サンプルとして序章を紹介してただろ?
ハピコ:あー、そっか、アレを見て描いてくれてたのか。へぇ……!
マッスル:光と空気の表現が凄まじいな……月明かりがふわりと部屋に漂っている感じとか、手を伸ばせば夜の空気をかき回せそうだ……。
ハピコ:まったく……神秘の光に包まれて眠る私が、まるで天使のようだぜ……。
マッスル:……もう、ツッコまねえぞ?
ハピコ:窓とレースの表現も芸術的だな……ランプとかの小物も目の前に存在しているみたいだし、全体的にすげえ綺麗な絵だ。
マッスル:一言くらい俺に触れたらどうなんだ……。
ハピコ:そこ、触れようと思ってた。筋肉が邪魔だって。
マッスル:おいっ……!
ハピコ:声。
マッスル:……こ、このやろう……。
ハピコ:ま、あの事件ではアンタには世話になったからな。特別にそのたこ焼きは250Gでもいい。
マッスル:元から250Gだろうが……。
ハピコ:とかやっちゃってるうちに、演舞終わっちゃったな……。
マッスル:集中して見られなかっただろうが……お前のせいだぞ……!
ハピコ:どうだ、たこ焼き美味いか~?
マッスル:あぁ……?ああ、なんか山芋練り込んであるのか?ふんわりしてて美味いぜ。
ハピコ:実はその中に一つ、練り辛子が入ってるのがある。
マッスル:ぶっ!!?
ハピコ:冗談だよ。
マッスル:この暑いのに、更にクソ暑くなる冗談は止めてくれっ……!
ハピコ:……もう、だいぶ人もばらけたな……このまま座っていると次の演目が始まっちまうぜ?次の演目は何なんだ?
マッスル:あぁ……冷え冷え悪魔漫才「デーモンでもいいんだもん」
ハピコ:場所変えないか?
マッスル:たまには涼んでいけよ。お前の頭もクールになるぜ?

 


*****





[とある休日二人と一匹]作:魚交様


ローズマリー:こらこら、デーリッチ。靴下はちゃんと揃えて脱がないと駄目だよ?
デーリッチ:もー……こんな所にまで来て小言でちか~?教えてあげなきゃ良かったでち~。ベロベロスと二人の秘密基地だったのに~。
ローズマリー:あれ?見つけたのはベロベロスだって言ってたけど?
デーリッチ:釣り竿とか作ったのはデーリッチなんでち~!
ローズマリー:あはは……はいはい、ごめんごめん。とっても涼しいよ。助かってるよ。
デーリッチ:心がこもってないでちねぇ……。
ローズマリー:いや、本当に素晴しいよ。祭りの会場の近くにこんな涼しげな場所があったんだね。豊かな水音と、風に揺れる木の葉の清涼感に、自然と一つになったような感じがあるよ。
デーリッチ:夏は工夫次第で涼しくなるんでち~。
ローズマリー:本当にそうかもしれないね……暑いのは暑い暑いと呟いている人間の方なのかもな。
ベロベロス:わうーん……。
ローズマリー:ああ、そうか、この場所をベロベロスが見つけたっていうのは、そういうことなのかな……?
デーリッチ:うん?
ローズマリー:犬は暑いのがとても苦手だからね。地面を掘ったりして、なんとか涼しい場所を探そうとするものなんだ。だから、きっとここはベロベロスが工夫して探し当てた「涼しい場所」なんだろうね。
デーリッチ:なるほど……何となくついていってたけど、重要な場所だったんでちね。
ローズマリー:君に真っ先に教えたってことは、それだけ君が尊敬されているってことだね?
デーリッチ:ま、ま、ま……!国王でちから?
ローズマリー:デーリッチ、引いてるよ?
デーリッチ:おっ!おおおっ!?
ローズマリー:手伝おうか?
デーリッチ:い、いやいいでち!ここはデーリッチが奮起して夕飯を一品増やすでちよ!
ローズマリー:ここで、そんな大きな魚が釣れるかなぁ……。
デーリッチ:なんのなんの!そいやっ!!
ローズマリー:…………靴下?
デーリッチ:かぁーっ!何で靴下とか釣れるんでちかー!誰がこんなところに捨てたんでちかー!?
ローズマリー:ちょっと待って?君、それ、王冠のワンポイントついてるじゃない。
デーリッチ:あっ……。
ローズマリー:この間、洗濯するときに片方しか見つからなかったのって、それが相方じゃないか?
デーリッチ:あ、あははっ、い、いやぁ……。
ローズマリー:…………。
デーリッチ:…………。
デーリッチ:今日、見つかって良かったってことで。
ローズマリー:ぼろぼろじゃないか……。


******

 

ポッコ:見て見て!クラマ君!これ、とったの!
クラマ:お、ヨーヨーじゃねえか。縁日でもないのに、ヨーヨー釣りが出てんのか?
ポッコ:ぼいんぼいんぼいーん♪
クラマ:その擬音は止めろ……。
ポッコ:どうして?
クラマ:なんでもだ。それより、早く福の神様と合流するぞ。
ポッコ:これから、みんなで仮装行列を見るんだよね?福の神様はどうして遅れてるのですかー?ぼいーん♪
クラマ:何か紹介したいイラストを用意するから先に待っててって言われてたな……あっ。
福ちゃん:クラマくーん!ぽっこちゃーん!こっちこっちー!
クラマ:あ……!すみません、待たせてしまったみたいで……!
福ちゃん:いえいえ、私が早く来ただけだから。あ、ポッコちゃん、それいいわね~?彼氏に買ってもらったのかな~?
クラマ:そういうからかい方、ほんと、止めてもらえませんかね……。
ポッコ:そうなんですよ~、えへへ!
クラマ:ポッコも乗るんじゃないよ……。
福ちゃん:仮装行列はまだみたいね?
クラマ:ええ、しかし、だいぶ人の流れが活溌になってきました。俺らが前に立ちましょうか?
福ちゃん:もー、無礼講だって言ってるでしょ?
クラマ:しかし……。
福ちゃん:それより、お祭りらしいイラストを持ってきたのよ。見て見て!






[ありがとう ざくざくアクターズ]作:めんたいZ様


クラマ:はぁ~……!賑やかっすね!全員集合絵じゃないっすか!
ポッコ:ポッコ達も中央の前列で、超目立つポジションを確保ですぅ~!いよっ!福の神派閥!
福ちゃん:よいしょもいらないわよ?ポッコちゃん。今日はお祭りだからね?
クラマ:うちより目立ってるのは、大明神さんくらいっすかね?そういや、あの人って、俺達みたいに神様って枠でいいんですかね?
福ちゃん:厳密にはどうなんでしょう?まあ、神様の定義が曖昧だから、お仲間ってことでいいんじゃない?
クラマ:しかし、福の神様。これがどうしてお祭りイラストになるんですか?
福ちゃん:あら、気付かない?集合絵は他にもきてたけど、これだけ徹底して笑顔だったのは他には無かったでしょう?
クラマ:なるほどねぇ……お祭りは楽しさを表現するもの、つまりこのイラストはお祭りの神髄を現しているってことですね?
福ちゃん:ま、まあ、そんなに難しく考えなくても、つまり楽しそうでぴったりってことよ。
ポッコ:わはは!よく見ると泥棒とか忍者とかもいる~!
福ちゃん:ね?あのキャラを探せ、みたいな楽しみ方も出来るわよね?
クラマ:イラストそのものに遊びが詰め込まれてるってわけですか……。
ポッコ:あ、福の神様!そろそろ仮装行列が始まる時間ですよ!?
福ちゃん:おっと、それじゃあ、こちらは大事に仕舞っておいて、向こうに注目しましょうかしら?






[ヴぉるつぃん]作:ばるめろう様


クラマ:へー、ヴォルケッタさんがいますね。凄い衣装だ。
福ちゃん:早速、仲間が見つかったわね……!民族的でかっこいいデザインだわ……!
クラマ:いつもと全然違う服だけど、炎を使いそうだってのは一目で分かりますよね!?
福ちゃん:本当ね……!デザインの妙味ってところね!
クラマ:あの頭についてる鳥みたいなのは何でしょう?
福ちゃん:あれはフェニックスを現しているのよ。スカートの紐飾りは揺れる炎ね。
ポッコ:裏生地はドラゴンの鱗みたいになってるですぅ。あはは!クロスファイアハリケーンとか撃ちそう~!
クラマ:は?くろすふぁいあ?
福ちゃん:撃ちそうね?
クラマ:く、くろすふぁいあとは……?
ポッコ:それより、福の神様。いいんですか!?あいつ、調子に乗ってますよ!?個別イラスト二回目ですよ!?
クラマ:張り合うんじゃねえよ。お祭りだろ?
福ちゃん:そうね……!こっちもびしっと個別イラストを出さないと、福の神派閥の沽券に関わるわね!
クラマ:ボスゥ…………。
ポッコ:じゃあ、アレですよ!あのとっておきにセクシーなやつ出しましょ!
福ちゃん:あ、もしかして、下からのアングルの美脚のやつ……!?
ポッコ:そうですそうです!
クラマ:美脚イラスト……あ!い、いや、何を指しているかは分かったんですが、あれはちょっとここでは過激すぎませんかね??
ポッコ:今、使わずしていつ使う!?
福ちゃん:そうよ、クラマ君!かなり恥ずかしいけれど、ここは大胆に打って出ないと!
クラマ:いや、しかし、何もボスが身体を張らなくっても――
福ちゃん:ポッコちゃん!?イラストの用意は出来ている!?
ポッコ:ははっ!ここに!
福ちゃん:行くわよっ!!
クラマ:わぁわぁ――!?






[E:赤い靴]作:発火様


クラマ:って、おれえええぇえ!?
ポッコ:クラマ君、過激ーっ!!
福ちゃん:クラマ君、セクシー!!
クラマ:いや、ちょっと待ってくださいよ!?何で俺なんですか!?だって、福の神様の凄い美脚イラストあったでしょう!?
福ちゃん:ん、なんて?
クラマ:だから、ボスの凄い美脚な――
福ちゃん:そこ、もっかい?
クラマ:ああっ、もう!とにかく何で俺なんですかって!!
福ちゃん:この何とも言えないお姉的な表情がいいわよね……脚の筋肉の付き方がそそるわぁ……。
クラマ:解説やめてくださいよ!?
ポッコ:ですね!足を内側に曲げた時に出る、関節の膨らみがいいっすよね!?
クラマ:つなげんなよ!?
福ちゃん:とにかく、仮装大会ならぬ女装大会ってことで、一つ面目は果たせたわね?
クラマ:どういうオチですかそれ!?
ポッコ:以上、本日のネタ枠、クラマ君がお届けしました~!
クラマ:締めてんじゃねえよ!!




******

デーリッチ:ローズマリー!早く早くーっ!
ローズマリー:ぜぇはぁ……ふぅ……!
デーリッチ:時間が無いんでちよー?いっちに!いっちに!
ローズマリー:そんなに太ももは上がらない……!この坂を……君と同じペースはとても無理だよ……!
デーリッチ:でも、そんなにゆっくりだとランチタイムに間に合わないかもしれない?
ローズマリー:ぜぇはぁ……!
デーリッチ:あーあ。デーリッチのこと怒ってなかったら、もっと時間あったのになぁ?
ローズマリー:あのね!?私は靴下を無くしたことを怒ったのではなくて、バツが悪いから嘘をついていたこと自体を怒っていたんだからね!?
デーリッチ:はいはい、こっちは木陰で涼しいなぁ~。ローズマリーも早く来ればいいのになぁ……!
エステル:こらこら、止しなさい……!なんで君は火に油を注ぐようなことをするの……!?
デーリッチ:わっ、エステルちゃん!?
ローズマリー:え?エステル?
デーリッチ:………ってどこ?
エステル:木の上だよ、よっと……!遅いなーと思ったから一番高い所から見張ってたの。
デーリッチ:ひゃー!ひらりと下りてきたでち!
ローズマリー:ごめんね、エステル。少し遅れてしまってたかい?
エステル:いやいや、まだ遅れてはないよ。ただ、ローズマリー、いつもだったら約束の五分前には来るっしょ?それで心配になってね。
ローズマリー:そうなんだよ……!さっきもデーリッチがね――!
エステル:わあぁ!それストップ!小言は勘弁しておくれよ……!自分まで怒られてるような気分になってくる!
デーリッチ:わはは……!エステルちゃんも、おんなじ怒られ仲間だもんね!
エステル:お、おいおい、誰の為の仲裁だか分かってんのか?
ローズマリー:はぁ……いや、悪かったよ、お祭りの時にこんなのは良くないね。それより時間に遅れないように進もう。
デーリッチ:場所は~、こっちの方角であってるでちよね?
エステル:ああ、合ってるよ。いや、今日に限っては、もう大雑把に進んでも分かると思うよ。
デーリッチ:へ?
エステル:丘を越えたらすぐ見えるからさ。じゃあ、行こうか?
デーリッチ:見える??何が??


*****






[王様はトラの夢]作:雨にゃぎ様

 

デーリッチ:で、でかーーーい!?
えすてる:でーりっち げんきしてたな?
デーリッチ:してたしてたー!!
ローズマリー:こ、これは一体……にゃーにゃさんも来ているし……何がどうなって??
シノブ:いらっしゃい。お食事の準備は出来ていますよ。
メニャーニャ:遅かったですね?もう手を付けようかと思っていましたよ。
ローズマリー:いやいや、皆さん普通に対応してますけど、凄いことが目の前で起こっていますからね!?
シノブ:えすてるさん達ですか?
メニャーニャ:今朝方、シノブさんが連れてきたんですよ。彼女達。
えすてる:うん!おいしい!!
ローズマリー:早速、おべんとパンを一口で……!
シノブ:ほら!脚がすごく頼りがいがあるの!丸太みたい!
ローズマリー:は、はしゃいでないで、原理と理屈を説明してくださいよ……。
メニャーニャ:まあ、要するに、シノブさんの頭を経由して、彼女達はお祭り会場までやって来たんですよ。
ローズマリー:それってどういうことですか?
えすてる:うん!むずかしい!
ローズマリー:えすてるさんには訊いていません……!
にゃーにゃ:ごろごろごろっ……。
デーリッチ:ぬはは、にゃーにゃちゃん喉鳴ってるー!餌付けしよーっ!
ローズマリー:周りが自由すぎて頭が痛いっ……!
シノブ:この間、魔王タワーの天界イメージの世界に行ったらね。彼女達がおまつりに行きたいってごねだして――そうしたら突然フッて姿を消したの。
ローズマリー:ご、ごろごろしながら難しい話を始めるの止めてもらえません……?
メニャーニャ:つまり、一度シノブさんの頭の中のイメージの世界に収納されて、今、こうして現実に出てきているということです。簡単に言うと、シノブさんの頭を乗り物代わりにして、ここにやってきたということですね。
ローズマリー:シノブさんの世界を経由して?でも、シノブの世界はあの日――。






[シノブの世界]作:じゃこ缶様


ローズマリー:……崩壊してしまったのですよね?
シノブ:そうね。だけど、あれもこれもイメージの世界だから。私のイメージがちゃんとしていれば、あの日の世界ではなくても、一時的な家のようなものなら作れたのかもしれない。
ローズマリー:かもしれないって……本当にそうなんですか?
シノブ:確証は持てないけど……。
ローズマリー:そ、そんな適当な……!
デーリッチ:ぐごごー……。
にゃーにゃ:ふなな……。
シノブ:あらっ……!二人とも寝ちゃったのね。うふふっ……!
ローズマリー:よく、こんなややこしい話をしている横で、グースカ眠れたものだな……。
エステル:ライオンは……さぼっているように見えても、いざという時に備えて力を溜めているんだよなぁ……。
ローズマリー:君、難しい話には一切入ってこないくせに、上手いことまとめたがるよね?
エステル:マリーも難しいことばかり考えんなよ~。今日は脳を休める日だぜ~?
シノブ:お祭りというのは、確かにそういう日なのでしょうね……ふわぁぁあ……。
ローズマリー:何か私だけが気を張っているのも、分が悪いですね……。
シノブ:そういうことです。ローズマリーさんもごろごろしましょう?
ローズマリー:……気に入ったんですか、それ?
シノブ:え?えすてる丸太のこと?
ローズマリー:もう名前までついてる……。
えすてる:ろーずまりー!たかいたかい、するか!?
ローズマリー:結構です。
えすてる:じゃあ、しのぶ、たかいたかーい!
シノブ:きゃーっ♪
ローズマリー:シノブさんのイメージがぁ……。
エステル:やってみたら意外と楽しいわよ?
ローズマリー:君、やったの!?
メニャーニャ:普段見られない視点ってのも面白いですよ?
ローズマリー:一番意外な人が!?
えすてる:それ、マリー!たかいたかーい!
ローズマリー:わあああぁ!?
エステル:どうよ!?
ローズマリー:ど、どうと言われても……うーん……。
エステル:悪くないでしょ?
ローズマリー:そうですね……ま、まぁ……遠くまで見えますし……。
シノブ:あら、ローズマリーさん。ポケットから何か落ちましたよ?
ローズマリー:え?ああ、この間のプリクラの――
エステル:お、見せて見せて!






[大好きの思い出]作:とまとぴゅーれ様


エステル:あー、この前、みんなで遊びに行った時のやつか!
シノブ:まぁ、良く撮れていますね……!みんな笑顔でとっても楽しそう……!
エステル:レプトスやマリオンが入っていると、ちょっと新鮮な感じがするね~。
ローズマリー:ええ、新しい人が写真に映っていると、王国の時間も少しずつ流れているんだなって、しみじみ思いますね。
シノブ:でも、どうして、これを持ち歩いているんですか?
ローズマリー:あの、これが特別というわけではありませんが……新しい人が入ってくる度に形に残して、持ち歩くのが何だか癖になっていて……。
シノブ:癖に?
ローズマリー:この場所ではみんな笑っていますけど、王国の発展は綱渡りの連続でしたから……だから、何か上手く行く度に、今を残しておきたくって……。
メニャーニャ:そうではない、可能性もあったから?
ローズマリー:自分でも上手くは言えません。ただ、今の幸せを一点一点残していきたいんです。振り返ったときに、あの幸せは本当にあったんだなって形に。
エステル:おいおい、まるで、いつか幸せが崩れるみたいに言うじゃないか。
ローズマリー:素直に言うと、今がピークじゃないかって不安が、絶えず自分の中にあるのかもしれませんね。
シノブ:まあ……確かに……。
エステル:かーっ、私なんて死ぬまで毎日が幸せの成長曲線の中だと思って生きてるけどなー!
メニャーニャ:そこまで楽観的なのは、先輩くらいじゃないですか?
エステル:いーや!違うね!少なくともここにもう一人いるね!デーリッチ!デーリッチ起きてっ!
デーリッチ:ふごーっ……ふごーっ……。
メニャーニャ:こらこら、ライオンは危機に備えて力を溜めているんでしょう?
エステル:ライオンじゃなくて、こいつタイガーだし!
メニャーニャ:自分で言ったんじゃん……。
エステル:じゃ、じゃあ!えすてる!えすてる君なら分かるよね!?
えすてる:うんっ!おいしいな!!
エステル:あ!?こ、こいつ一人でメニャ式おべんとパンを……!!
シノブ:まあまあ、サンドイッチもありますから――。
エステル:お、おい!返せよ!私の幸せを返してよっ!!
メニャーニャ:幸せちっちゃ!?
シノブ:こ、こら、みっともないですよエステル!?
メニャーニャ:はぁ……あれで、よく毎日が幸せの成長曲線だとか言えたものだ。
ローズマリー:いえいえ、エステルの姿勢は見習わないといけませんよ。小さな幸せを一生懸命に追うことが出来る人が、きっと本当の幸せ者なのでしょう。
メニャーニャ:そうですかね?あれでですか?
ローズマリー:だったら、見ていてください。
エステル:サンドイッチ……!サンドイッチは負けねえからな――あれ!?これ卵ハムサンド!?やった!ハムだけじゃない!おべんとパンの分の卵発見!!んーっ、おいしーっ!!
ローズマリー:……この通り、すぐに新しい幸せを見つけてきます。
メニャーニャ:なるほど。動物的な生き方ですこと……。





 [ここまで読んで頂きありがとうございました] 
[忍者ブログ、文字数が多すぎて更新エラーが出るので、mozell賞以下は次回に回してます]

第三回はこちら:
http://hamusuta.blog-rpg.com/Entry/162/

拍手[49回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アンケート

最新CM

[12/02 NONAME]
[12/02 NONAME]
[12/02 ヴィスタ]
[12/02 はむすた]
[12/01 NONAME]

プロフィール

HN:
はむすた
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索