忍者ブログ

ざくアク追加イベント制作日記16

はむすたブースにて、
「ざくアク夏休み絵日記」や「ざくアクファンブック」をダウンロード販売しております。
他にざくアクキーホルダーも販売しております(再入荷予定です)
もし宜しければ、サンプルだけでも見てやってくださいまし……!


☆リンク先:グッズ販売場所、はむすたのBOOTHに飛びます。


https://hamusutagame.booth.pm/

 

 
そして、買ってくださった全ての方にありがとうございました!!


*以下、日記本文となります*








ヅッチー:ちょんわー!
デーリッチ:なんとぉ!
むむっ!ヅッチー水鳥剣を受け止めたか。やるな、デーリッチ……!
ヅッチーこそ!デーリッチの変幻自在な動きによく対応した!
うん……しかし、これでコイツがなかなかの堅さだと分かったな。
ほんとにね、思ってた以上の堅さだったね。
いやぁ、常にヅッチー達の顔の横にあって、何なんだろうな?ってずっと思ってたんだけど。
こんな使い道があったんでちねぇ……。





このHPバー!
うんうん、振り回してもぶつけても折れないし、かなり頑丈だね!
ただの棒じゃなかったんだなぁ……。
色々試してみるものですなぁ。これならとっさの時に武器としても使えるんじゃない?
しかり。身近なものが工夫次第で意外な形に役立つのは、ゲームでも現実でも同じことなのであろうな。
なんですと?
というわけで、今日はバー繋がりで一つ紹介するでござる。



(画像クリックで拡大)

まずは、これ。

んん?キャラの横、MPとTPがあったところに、別のグラフが置いてありますな?
サポートキャラのスキルの残り使用回数をそれぞれ置いてあるのでござる。今まではスキル残の合計数をSPとして一本に表示させていたのだけど、TPのところを消して、SP1とSP2に分けたのでござるな。
その心は?
より分かりやすくするためでござる。戦闘中に使えるサポートスキルは一人二つまでだから、これで両方の使用回数が一目瞭然なのでござるよ。
ほうほう。しかし、これは結構大がかりな改造でござろう?
その為に星潟殿に依頼をしたのでござる。快く力を貸してくださった。こうして依頼が出来るのも、絵日記とかが売れたおかげでござる。
皆様ありがとうでござる……!
ありがたし。というわけで、サポートスキル関連はかなり洗練されてきたのだ。面白く、そして分かりやすいものにするので、楽しみにまっていてくだされ。
はむすたも、自信ありといった表情でしたな。
さて、デーリッチ殿は何か紹介するものがございますかな?
ござる、ござる!今回は如何にも楽しそうなものを拾ってきたでござるよ。こちらをご覧あれ……!




 (画像クリックで拡大)

ほう、これは何でござろうか?えっ、てかこれ、ざくアクのゲーム画面なの??
くくくっ、新鮮であろう?実はこれ洞窟探検中の一場面でござる。
今までとだいぶ印象が違うな……!?
選択肢で進んだり戻ったり、危険を乗り越えたりする、ゲームブック風のシステムでござるよ。背景はフリー素材の写真をイラスト風に加工しているんでち。
ほえー、なんかよーわからんが面白そう!
もちろん、普通のマップ探索の方がメインなんでちけど、良い感じのスパイスとして配置出来ていると思うでち。臨場感ありあり。
ふむむ、最大マップ数という制限への苦しみを、新しい形の楽しみへと繋げるとは……天晴れである!
ふぉっふぉっふぉっ、もっと褒めて~?
でも、これフラグ管理とか大変そうで、バグ取りの時に死ねそうだね?
ほごふっ!!
おや?
………。
だ、大丈夫か?デーリッチ、顔色が悪いぞ……!?
HPバーが……HPバーが……。




ああっ!?折れてる!?そんなことになるんだ!?
ひぃひぃ……ヒ、ヒーラーを、ヒーラーを呼んできてくれでち……。
任せろっ!!

(だだだっ!)

連れてきたぞ!
さすがでち……速いでち……で、誰を呼んで来たんでち?
ローズマリー:やぁ、デーリッチ。HPバーでチャンバラをしてたらバーが折れたんだって?
………あばよっ、先に逝くぜ……。
相棒ーーッ!!

 

 


******

 

 


ご無沙汰しております、ごぶごぶ。
作業の方は先週、先々週とかなり頑張りました!
着々と面白くなっていっているのが分かって嬉しいっす……!
マップ制限から新たな楽しみを生み出したことは、はむすたの発想を褒めてやりたいっすね……!
第二ダンジョンもそろそろ終わりそう。イベント満載なので実質的には既に魔王タワーより作業量が多いっす。


ただ、最後の最後に右手の中指がばい菌入ったのか腫れ上がっちゃって、これだけがマイナスポイント。
今も中指を避けてキーボードを打つという非常に器用なことをしております。
慣れると案外いける。だが速度は半減する。
あ、次のブログ更新までにwin10に切り替えます。
この作業がすんなりいくかどうかが、製作の進みに大きく影響しますね。
ざくアク関連のバックアップは厳重に取っておきますね。


絵日記&ファンブック等のご購入、本当にありがとうございます……!
キーホルダー達は再発注しておきますね。
コミケのグッズ製作と時期が被っちゃうので、製作にはしばらく時間がかかると思いますが、また入荷次第倉庫まで送っておきます。
注文サイトがリニューアルしちゃってて、今までの入稿データ全部使えなくなっちゃってててんやわんやでしたが、消費税上がったのに単価が上がっていないようで、大変助かりました。


それでは拍手返信へとまいりますー!
いつもたくさんのお便りありがとう!
全てには返せませんが、そこはごめんなさい……!


拍手[129回]

PR

ざくアク追加イベント制作日記15

  はむすたブースにて、
「ざくアク夏休み絵日記」や「ざくアクファンブック」をダウンロード販売しております。
他にざくアクキーホルダーも販売しております。
もし宜しければ、サンプルだけでも見てやってくださいまし……!


☆リンク先:グッズ販売場所、はむすたのBOOTHに飛びます。


https://hamusutagame.booth.pm/

 

 
そして、買ってくださった全ての方にありがとうございました!!


*以下、日記本文となります*

 

 

 




マイバックを持って近くのスーパーに買い物に行くと、いつもは調味料が並べられている棚にたくさんのジャムが並んでいた。
しかも、一瓶30Gと猛烈に安い。


「いらっしゃいませ~!」
「店員さん、これ値段を間違えていませんか?」
「ゆきのんジャムですか。実はそれ、誤って大量に注文してしまいまして~」


なるほど、それで大特価で並べてあるわけだ。
それにしても凄い量だ。数を一桁間違えたんじゃなかろうか?
店員さんは笑顔を崩さずに「お店を助けると思って、どうかお一つ」と勧めてきたが、あいにくバターを買いに来ていたので「ごめんなさい」と笑顔を振り切って、カゴにはバターを入れた。




レジを通ると、山積みのジャムが恨めしそうにこちらを見ている。

 




――四日ぶりにスーパーに行くと、飲み物のコーナーにまでジャムが浸食していた。


「あれれ?」
「いらっしゃいませ~」
「店員さん、この配置はおかしくないですか?ここは飲み物ですよ?」
「いえいえ、これくらい置かないと売れてくれないのです。今日はどうですか?お店を助けると思って、お一つ」


どうしようか?と考えたが、周りを見るとみんなジャムをカゴに入れている。
この分なら私が買わなくても、そのうちはけるだろう。
私は今日もバターを買って帰った。
バターの棚は前より小さくなっていて、幅をきかせるジャムから背を丸めて自分を庇う老婆のように見えた。



 



――一週間ぶりにスーパーに来たら、生鮮食品にまでジャムの手が伸びていた。
まるで壁のように山積みのジャムが並んでいる。


「いらっしゃいませ~」
「店員さん、どういうことです?まるでジャムの店じゃないですか」
「これぐらいしないと売れないんですよ」


嘘だ。みんなカゴにジャムを入れている。


「まるで取り憑かれてるみたいだ……」
「なにか?」
「あの、乳製品のコーナーは何処に行ったんでしょうか?」
「なくなりました」
「なくなった??」
「お客様は今日もバターですか?どうしてジャムを選ばないんですか?みんなジャムを選んでいますよ?」
「どうしてって……うーん、そういう気分だから」
「どっちでもいいってわけですか?駄目ですよ、そんな中途半端なの」
「でも、好きな時に好きな方で食べたいな」
「種なしパン論争って知ってます?」
「種なしパン?」
「ミサのパンに、イースト菌を使うかどうかで大喧嘩したんです。イースト菌を使うとふっくらとした美味しいパンになります。使わないとウエハースみたいな薄べったいパンになります。教理上の争点の一つになってとある宗教が東西に分離した原因の一つになりました」
「はぁ……」
「人はパンの焼き方の違いで人を殴れます。いわんやジャムをや」
「そんな馬鹿な。暴論だ。何を塗ったっていいはずだ」
「まだ嗜好の問題だと思っている?」
「だって、そうでしょう?」
「パンに何を塗るかのが正しいかというのは――」
「なんです?」
「信仰の問題ですよ」
「嘘だぁ~」
「分からなくなったのか?」
「何を塗っても自由のはずです」
「まだ嗜好の範囲だと思っている?」
「そうです」
「じゃあ、どちらにも見放されましたのであなたは終わりです」
「え?」


気が付くとジャムを持つたくさんの手が私に殴りかかって――

 

 


「わああっ――!!」


横殴りの朝日に目を覚ました。
部屋の中には粒子が見えそうなほど濃い匂いが漂っている。
流れてくる焼けたトーストの匂い。
朝の匂い。
私が変な夢を見たのは、きっとこの豊かな匂いのせいなのだと思った。


部屋を出て台所に行き、そこで知った顔を見てホッとした。
ヤエちゃんがトーストから浮き出したパンを取り出しているところだった。
それを見て、初めて夢から覚めた思いがした。


「おはよう、マリー。今日は珍しく遅かったのね」
「それが変な夢にうなされちゃって……ああ、コーヒーを淹れるね。サラダも作るよ」
「変な夢?」
「ジャムに世界がどんどん浸食される夢さ。ついにはバターを塗っているのが私一人になってしまった」
「そいつは傑作ね。で、どうなったの?」


ヤエちゃんと笑いながら朝の準備を進めているうちに、悪夢だと思っていたそれが、急にコメディに思えてきた。
パンに何を塗るかで生死が決まるなんて馬鹿馬鹿しい。
ほかほかのパンが冷めるのが惜しくて、手っ取り早くドリップ珈琲を淹れて、ヤエちゃんと私の前に並べた。
朝の光に湯気が溶け込んでいく様子はとても幻想的だ。
バターナイフでバターを塗りながら答える。


「最後は、雪乃似の店員に何でバターを塗らないのかって問い詰められているところで終わったよ」
「ふーん、マリーはやっぱりバターの方が好きなの?」
「そうでもないよ。今日はカリカリのパンにバターが馴染んでいく匂いが恋しかっただけ」
「駄目よ、そんな中途半端なの」
「ええ?そうかい?何を塗ったって自由だと思うけど」
「まだ嗜好の範囲だと思っている?」
「はい?」
「分からなくなったのか?」


顔を上げると一瞬にしてヤエちゃんが消えていた。
白い空間に店員の声だけが木霊している。

 
目の前にジャム。



目の前にジャムの壁……。

 


*****

 


ご無沙汰しております、ごぶごぶ。
進捗の方は頑張って、ストーリーイベントを配置していっている最中です。
かなり、はむすた節が効いているテキストが書けたので完成が楽しみ!
マップは節約しつつもそれなりに使っています。
もうガマンするより面白さ優先で作って、
終わりが見えたら終わりに向かうという発想になってきました。


そして、win7サポート終了に伴い、PCの買い換え時期が迫ってまいりました。
これがまた超めんどい!
引っ越し並に面倒。はむすたこういうの超苦手!
というわけで、そっちの方の作業にも時間がとられてくると思いますが、何卒ご勘弁頂けると有り難いです。


絵日記&ファンブック等のご購入本当にありがとうございます……!
そして、キーホルダーが動かない……。
入荷待ち5件くらい登録して頂いているので、そろそろアクリルキーホルダーも作りたいのだけど、倉庫補完料とかも必要になってくるので、もう少しだけ待たせてください。
他が売れてなくても、次のブログ更新時あたりで注文をかけたいと思います。
あ、Skebの方でもご依頼してくださっている方がいて、とても嬉しいっす!
本当にありがとう!
もうちょっとたまったら美味しいコーヒー豆でも買おうかな。ふふふっ……!


それでは拍手返信へとまいりますー!
いつもたくさんのお便りありがとう!
全てには返せませんが、そこはごめんなさい……!


拍手[176回]

ざくアク追加イベント制作日記14

はむすたブースにて、
「ざくアク夏休み絵日記」や「ざくアクファンブック」をダウンロード販売しております。
他にざくアクキーホルダーも販売しております。
もし宜しければ、サンプルだけでも見てやってくださいまし……!


☆リンク先:グッズ販売場所、はむすたのBOOTHに飛びます。


https://hamusutagame.booth.pm/

 

 
そして、買ってくださった全ての方にありがとうございました!!


*以下、日記本文となります*














デーリッチ:ぐむむ……。
ヅッチー:おいおい、相棒。最近明らかに食べ過ぎだろ。お腹がスカートの上に乗っかってるじゃないか。
かあーッ!!
うわっ!?何!?
デーリッチは王様でちよ!?うっかり傷つけちゃわないように、細心の注意をもって発言するでち……!
言い方の問題かぁ?じゃあ、なんて言えばいいんだよ。
これは……腹の上のポニョでち。
腹の上のポニョ!?
ぽーにょぽーにょぽにょふくらんで~♪
可愛く言うな!それは贅肉だぞ!?
デーリッチに太ったって言ったヤツは、EXアリウープちゃんと五時間戦わせるでち!
消費カロリー凄そう!むしろお前がやれっ!
今日の晩ご飯なんでちかね~?
まだ、昼飯食ったばっかりだぞ!?誰か来て!誰かデーリッチにちゃんと言ってあげて!


ポッコ:あ~、超おなかへったし~♪
ヅッチー:ポッコ、お前もかっ……!
デーリッチ:ねー?秋の味覚が美味しすぎるのが悪いわけで、デーリッチ達に何の落ち度もないよね~?晩ご飯なんだと思う?
豚骨ラーメンとバターライス。
カロリーの暴力ッ!!
ちょっと、ちょっと、さっきからこの人酷いんでちよぉ……ポッコちゃんと一緒に部屋から押し出してしまうでち。
部屋の中を全部デブにして、自分を目立たなくさせる気だ!?
はっけよーい!
かけ声がでぶい!
でぶい?千年に一度の美少女の表面積が増えていることを、地球規模の視点から喜ぶべき……!
環奈ちゃんのリプ欄かよ!?うわぁー!押し出されるー!助けてくれー!
ヴォルケッタ:お前達およしっ……!もう、何をやっているの……!
ワッフル!?
ギョウザ!?
驚き方がぽっちゃりしてる……ここまでくるとさすがに太り過ぎね。決めたっ、今から市民グラウンドに行って、みんなで運動しましょう?
えー?
マジで~?
助かったよ、ヴォル!早く二人を元の体型に戻してやってくれ!
いやいや、あなたも行くのよ?
へ?


ああ、誰かをデブだと思ったとき……私もまたデブになっているのだ……。
ぽっちゃり、もしくは太っちょって言いましょ?
はい。


*****


ご無沙汰しております、ごぶごぶ。
進捗はまあまあでございます。先週はかなり良かったですかね?
ストーリーボスが出来上がって、だいぶ行ける場所が増えた感じ。
マップは出来るだけ節約して作ってるけど、どうしても、シナリオ用の個別マップはいりますねぇ……やっぱりテキストだけよりも、ミニキャラをごちゃごちゃ動かして作るイベントの方が、視覚的に面白いっす。
その分手間はかかるけど、動かしてみてだいぶ面白くなっている感じはあるので、地道に頑張ります。


絵日記&ファンブック等のご購入本当にありがとうございます……!
夏休み絵日記、まだじわじわと売れていて嬉しいっす……!
アクリルキーホルダーが売り切れてますが、欲しい方がおられましたら、入荷リクエストボタンを押してもらえると、需要が把握出来て助かります。
ある程度たまったら、他が売り切れていなくても発注致しますね……!


それでは拍手返信へとまいりますー!
いつもたくさんのお便りありがとう!
全てには返せませんが、そこはごめんなさい……!


拍手[161回]

ざくアク追加イベント制作日記13

はむすたブースにて、
「ざくアク夏休み絵日記」や「ざくアクファンブック」をダウンロード販売しております。
他にざくアクキーホルダーも販売しております。
もし宜しければ、サンプルだけでも見てやってくださいまし……!


☆リンク先:グッズ販売場所、はむすたのBOOTHに飛びます。


https://hamusutagame.booth.pm/

 

 
そして、買ってくださった全ての方にありがとうございました!!


*以下、日記本文となります*

 

 





ローズマリー:よいしょ……だいぶ、未読の本も溜まってきたね。この連休を使って消化していくぞ~。ふふっ。


???:ご、ご主人、考え直してくださいよ~!
???:後戻り無しっ!今日からこれでいきます!




おや?こドラかい?いつもと雰囲気が違うじゃないか。どうしちゃったの?
こドラ:うん、コンビ名を改めたんだ!
コンビ名?
こたつ:あ、姉御~。姉御からも言ってやってくださいよ。ご主人があっしの方が名前が前にあって偉そうだって言うんでさぁ……。
こドラ:そうだよ!「こたつドラゴン」なんだもん!こたつの方が前に出ていて、偉そうじゃないか!ローズマリーはどう思う!?当然、主人のこドラの名前が前に来るべきだよね!?
なるほど、だからこたっちゃんが前に出て「ドラゴンとこたつ」にしたのか。
そうそう……!
うん、お互いに自立している感じがあっていいんじゃないか?
姉御――!?
だよね~!これからは個を打ち出していくべきだよね~!
バカ言わないでくださいよ。あっしなんてご主人が入ってないと、ただのこたつじゃないですか!一体これからあっしはどうすればいいんです!?
まあまあ、キミはキミで頑張りたまえよ。別に離ればなれってわけじゃないんだ。これからは二人分行動出来るって考えれば、戦力も二倍じゃん?
例えるなら誰も入ってないモビルスーツですぜ!?
そう、卑下することはないよ。とりあえず、やってみればいいじゃないか。
そんなぁ……!ご、ご主人、考え直してくださいよぉ……!
これは決めたことだから。今後コンビ名がどうなるかは、働きで考えるしかないね。
ぐすんっ……。

 


――三日後。

 


いやっ、今日も大活躍で!こたつさんマジはんぱないっすわ!
たった三日で大逆転してるーっ!?
あー、なんか肩が凝っちゃったなぁ……オレだけ身体張ってるからなぁ……。
お揉みします!お揉みします!
肩はどこなんだよ!?
ああ、姉御っすか。ちわ~っす。今、コンビ名こんな感じっす~。
いやいやいや、三日で何があったの?どういう関係性の変化?
なんか、オレ一人でこたつカウンター出来るみたいなんすわ。TPも普通に溜まるし、もうご主人いらないんすよね。
そ、そんな、へへっ、TP満タンになったらこドラも本気出せますので。
何が本気出すだっ!おらっ!全部カウンターに回せやっ!!
きゃん!?カウンターはやめてっ!
ことばカウンター!?
ちっ、これでギャラが半分こって納得いかねえよなぁ……身体張って敵を受け止めてるの全部オレなのによぉ。
い、いやいや、そ、そこはコンビとしてやっていくにあたって最初に決めたことで。
またそれかよ。ご主人からは誠意が感じられねえんすよ。だったら次の契約更新はなしだ。
え?
オレっちは今後ピンでやっていくからよぉ……!そっちはそっちで好きにしな!
そ、そんな!?ずっと一緒だったじゃない!
分離したのはそっちだろうがよ!!
きゃん!
また、カウンターしてる……あ、あのちょっといいかな?
あん?なんすか?
こたっちゃんも反省していることだし、一度よりを戻すというのはどうかな?君達は二人一緒の方が――
あー、聞きたくない聞きたくない!とにかく、オレっちはピンでやっていくから!
こ、こたつ君……今までごめんね……。
…………。
でも、契約更新まで後十日あるから、それまではギャラ半分もらえるよね?
そういうとこだぞ!?
きゃん!
こらこら、二人とも仲良く――。
ふんっ、ますます広がるオレ達の差を、そこで指をくわえて見ているといいさ。あばよっ!
ま、待ってよ~。こたつ君~。

 


――二十日後。



 



こたつ闇営業疑惑か……終焉も早かったな……。
あ、姉御……。
やあ、こたつ君……少し痩せたかい?
へへっ、げっそりっすよ……自慢の羽毛布団もぺしゃぺしゃでさぁ……。
もう、謹慎していなくていいの?
その辺は何とかね。ご主人が方々に頭を下げまくってくれたから……。
そう……。
何で……何でご主人はオレを――あっしなんかを庇ってくれたんでしょうか?
ええ?
あんなに酷いこと言ったのに、不正には全然関わってないのに、あっしの為に、あっしの為に……あんなに頭を下げて……。
やっぱり二人一緒で良かっただろう?
………。
こたっちゃんのスローペースが君の心を補っていったのさ。君達二人で作ったリズムだ。君だけだとハイテンポ過ぎる。役に立っていないだなんて、キミのとんだ勘違いだったんだよ。
誰も温められないこたつは……ただのこたつなんすね……。
君達は「こたつドラゴン」だ。
思い知らされましたよ……でも……こんなぺしゃぺしゃの布団じゃあ、もう……もうっ……。
そんなことないよ!!


ああっ、やっぱ落ち着くわぁ……。
ご、ご主人!?
私が呼んでおいたんだよ。キミの謹慎が今日解けるって聞いてね。
そ、そんな、意地が悪いでさぁ……!?そ、それよりご主人、こんなぺらぺら布団じゃ――ああっ!?
ね、寝ている!?
スロースターター!発動しちゃいましたか!?
さすが、こたっちゃん――いや、こドラだね。どうだい?こたつ君。キミのご主人は最高だろう?
ぐすんっ、ぐすんっ……!
これからは二人で仲良くやっていくんだよ?
あいっ……!あいっ……!こんな良いご主人をもう手放したりなんてしませんっ……!
それじゃあ、再出発を祝って、私から君達に言葉を贈ろう。
何でしょう……!?
「おこたの手入れをおこたらないように」なんちゃって!
魔法はあっしもカウンター出来ませんわ。
いや、攻撃じゃないよ!!?
このこたつすげえ冷える。
起きた!!?

 


*****

 


ご無沙汰しております、ごぶごぶ。
久々にゲーム紹介を抜いて寸劇メインにしてみたのですが、如何だったでしょうか?
どっちの方がいいですかね?紹介があった方がいいですか?
こっちの方が話的には綺麗に落としやすいのですが、情報も出していきたいし、半々くらいでやっていこうかなと考えております。


進捗状況の程は、大苦戦中でしたが何とか壁を突破できたかなと言ったところ。
またいつ壁にぶち当たるか分かりませんが、とりあえず、らんダン十周年に救われました。
ファン創作や、当時のご感想、本当にありがたいわぁ……しみじみ……。
十年って長いようで短いようで、やっぱ長いですね。
ユーザーさんが企画してくれた「ミアちん祭り2019」なんてのもありまして、こちらも凄い数のイラストが投稿されておりました。
みんなの力って凄い……!改めて感謝申し上げます。ありがとう!


絵日記やファンブックのご購入本当にありがとうございます……!
キーホルダーはほぼ完全に止まっているのですが、これはどれか一種類でも欠けると殆ど動かなくなるのよね。
かといって、他のキーホルダーが結構残ってて動きづらい、むむむ。
倉庫料金と天秤にかけて、もうしばらく様子を見ますね~。


それでは、拍手返信へとまいりますー!
いつもたくさんのお便りありがとう!
全てには返せませんが、そこはごめんなさい。
台風に十分に気をつけて休日をお過ごしくださいませ。


拍手[164回]

ざくアク追加イベント制作日記12

 はむすたブースにて、
「ざくアク夏休み絵日記」や「ざくアクファンブック」をダウンロード販売しております。
他にざくアクキーホルダーも販売しております。
もし宜しければ、サンプルだけでも見てやってくださいまし……!


☆リンク先:グッズ販売場所、はむすたのBOOTHに飛びます。


https://hamusutagame.booth.pm/

 

 
そして、買ってくださった全ての方にありがとうございました!!


*以下、日記本文となります*








ポッコ:デーリッチさんへ、だって~!
デーリッチ:ちょ、ちょっと~!勝手に見るなでちよ~!



ローズマリー:ドリントル。また子供達に手紙が来たのかい?
ドリントル:最近多すぎると思っておるな?じゃろう?
うっ、まあそうだけど……だって実際に多いじゃないか。今まで殆どなかったのに、最近ポストに手を入れると殆ど必ず入っている。
かんらかんら♪叱らんでくれよ?最近多い理由は、子供達が自分で自分に手紙を出しておるからなのじゃ。
自分で自分に?え、子供同士で出し合ってるってこと?
いや、違う。自分宛ての手紙を書いて、自分でわざわざ遠くのポストに入れておる。
は、はあ?
お主は分かりやすいくらいに顔に出るのう。だから釘を刺しておいたのじゃが。
でも、何のためにさ?切手代だってもったいないよ。
お小遣いの範囲でやっておるのだから、怒るでないぞ?
まず、理由を知りたいよ。
過去の自分から今の自分に手紙が届くといった、不思議なくすぐったさを楽しんでおるのではないか?
ええぇ……。
かんらかんら♪実際にはわらわにも分からぬ。子供のやっていることなど、SFだと思って楽しんでいこうぞ。
SFねぇ……子供達のブームってそんなものかなぁ……。
前は牛乳瓶の蓋を集めておったろ?
あれもよく分からなかったな。ただの蓋がまるで貨幣のようだった。
その前は泥団子を磨いておったな?
ああ、黄金のように崇めていたね……。
つまり、今回のマイ手紙もそういうものなのじゃ。
なるほど、胸にすっと落ちたよ。
しかし、手紙と言えば、ブログ更新にも似たようなところがあるかのう。近況報告みたいなところがあるし。
暑中見舞いみたいな?
そうそう、元気でやっておるぞ、というお知らせに近くないかこれ?
拍手の返信にも時差があるし、お手紙の形式に近いね。
まさにまさに!
じゃあ、定期連絡も兼ねて、私達でそのブログ更新を済ませてしまいますか?
うむ!




さ~て、今回のはむすたブログは~?
はい。作業としては、次のダンジョンのランダムイベントをずっと作っていました。
あー、その作業やけに時間がかかっておるようじゃが、そもそもランダムイベントとは一体何なのじゃ?
良い質問に良い機会。では、今日はそこら辺を流れに沿って説明致しましょう。




(画像クリックで拡大)

例えばこれ、ざっくり言うと冒険者のお手伝い的なイベントですね。
薬草採取を手伝うかどうか、みたいなノリかのう?
そうですね、この前に導入があって、ここで選択肢があって分岐していく感じです。知識のある人ってのは、サポートを含めたパーティ全員を判定していて、得意な人がいたら会話があって成功に分岐しますよ。
なるほど、例えばお主とか得意判定がありそうじゃな?
しーっ……一応はその辺りは内緒ですので。
おおっ、失礼した。
他の選択肢も確率分岐とかあって楽しく仕上がっていますよ。紹介したイベントはかなりシンプルな方で、判断を迫られたり、ミニゲーム風のものがあったりと、本当に色々あります。また、ランダムイベントはマップごとに全く違うものを用意していて、その場所を冒険している感覚が強く出るようにしていますよ。
時間がかかってるの絶対そこじゃろ……マップごとに何個もイベント用意しておるからじゃろ……。
ぐうの音も出ません。
しかし、ランダムイベントをこなすメリットってのは何なんじゃ?今回サポートキャラがメインじゃろ?ちゃんと絡んでおるのか?
もちろんです、じゃあ、ちょっと進めてみましょう。

 
(画像クリックで拡大)

まず、冒険者が絡んだイベントをこなすと、大抵冒険者支持度が上がります。
冒険者支持度とは?とは?
この数字が高くなると、キャンプ内に秘密結社に協力的な冒険者が多く出現します。ま、それは今回の話のメインじゃないので、軽く流して次へ――

 
(画像クリックで拡大)

実はサポートキャラにはそれぞれ性格が設定されていて、イベントの成否によって、それに対応したキャラの友好度が大きく上がります。
ほう、なるほど。冒険者支持度のように、これも上がると何かいいことがあるんじゃな?
はい、まず友好度が上がると、彼女達のメインとなるサポートスキルが段階的に強化されますね。
スキルの威力が上がるとかかな?
いえ、鍵開けが得意なキャラなら鍵開けの成功率が更に上がったり、全員にバフをかけるタイプなら上昇%が段階的に増えたりで――。
……それ、もしかして全部手作業でやっておらぬか?
そうですけど?
好きじゃよなぁ……そういう作業……。
それより、こちらがメインなのですが仲良くなると固有イベントが発生するんです。彼女達のストーリーを達成していくと、新しく強力なサポートスキルを習得しますよ。
ふむ、じゃあ、仲良くなってから開眼するタイプもおるかもしれんのう。
まっ、それはお楽しみということで……!
なるほど……今回は結構情報が出た感じじゃな?
まだまだ紹介したいところは一杯あるんですけどね。ひとまず核の部分は紹介出来たかな?
新しいキャラクター達に出会えるのが、今から楽しみじゃな~♪
私もですよ。



******



ご無沙汰しておりますごぶごぶ。
今回はかーなり苦戦をしていたのですが、何とか二つ目のダンジョンのランダムイベントの実装を終えました。
あまりの作業量とアイディアが出ないことに心が折れかけていましたが、水着イベントの料理大会の実況を見て「あ、これ作ったんならいけるわ」と過去の自分の作業量に励まされました……!よくこんなん作ったな自分!?メインじゃなくてサブイベントやで!?
作業としては中盤にさしかかっているところで、この辺り先が遠く、製作の新鮮味は薄れるという一番へこみやすい場所なので、色んなものを見てアイディアを吸収しつつ焦らず前に進んでいきたいです。


そういえば、前に拍手返信で紹介されていたSkebさんに、ざくざくアクターズをコンテンツ登録できました。
サイトについてざっくり説明すると、好きなクリエイターさんに報酬を払って、自分の好きなイラストを描いてもらえる場所です。
コンテンツとして登録出来ると、ざくアクイラスト納品の際に、今まで運営に入っていた手数料の一部がはむすたに入る仕組みになります。
ま、もっとも手数料無料キャンペーン中なので、イラストの納品があっても、はむすたには全然入ってませんけどね。へへっ……!
逆に言えば頼みやすいんじゃないかな?


https://skeb.jp/
(リンク先:Skebさんのサイトに飛びます)


こういうクリエイターさんが力を振るえる場所は貴重で、今後伸びていってくれたらいいなぁと思います。
ざくアクはもちろんですが、それ以外でもですね。


絵日記やキーホルダーのご購入本当にありがとうございます……!
皆様のおかげで、はむすたが何とか活動を続けられております。
アクリルキーホルダーが売り切れたのですが、他がまだそれぞれ十程度残っているので、もう少し様子を見てから発注しようと思っております。


それでは、拍手返信にまいります~。
いつもたくさんのお便りありがとう!
全てには返せませんが、そこはごめんなさい!


拍手[137回]

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アンケート

最新CM

[12/02 NONAME]
[12/02 NONAME]
[12/02 ヴィスタ]
[12/02 はむすた]
[12/01 NONAME]

プロフィール

HN:
はむすた
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索